転職って何?人材採用の方法

サイトマップ

ヘッダー画像

TOP

転職!企業の人材採用方法




一般的には、会社あるいは企業へ入社するには、大きく2つの方法があります。

一つ目が新卒採用、二つ目が中途採用です。

そして最近にわかに広まっているのが、「第二新卒採用」という方法。

ここでは、これら3つの採用方法についてその違いを見てみましょう。



新卒採用
大学などを卒業する見込みのある学生を採用する呼び名。毎年、新年度が始まる4月1日入社に向け、
学生を採用します。

新卒採用の場合は、一般的に1年に1度の採用。新卒で採用した社員は、社内で教育等を行い第一線で
働いてもらうことを目的としているため、社会人のマナーから一人前の企業戦士として働いてもらう
までには時間を要します。
お金と時間をかけて育てるわけですから、その分、将来性に期待されています。



中途採用
社会のグローバル化、あるいは商品等のライフサイクルの短縮化、ユーザニーズの多様化といった
最近の時代背景から、企業の人材は新卒だけで補えなくなってきています。
上記の通り新卒の場合は、ある程度一人前に育て上げるまでに時間を要しますので、即戦力が必要と
なった場合は、既に社会人としての経験やっその企業の職種・求める人材像にマッチした人間を中途で
採用します。

この中途採用の基準は、「仕事での実績とスキル」が採用の最重要ポイントと言えるでしょう。



第二新卒採用
新卒で就職した会社を数年で辞め、25歳前後で再就職を希望する人材を採用すること。

年齢がわかいので実績もまだなく、専門性もそれ程高くありませんが、社会人としても基礎的なマナーは
既に身に着けていますし、業務の習得が早く即戦力としての期待、今後の可能性について期待している
企業が多いと言えます。

年齢が若く、キャリアがまだ短いので、人件費が安く済むという企業側のメリットもあります。